やまとなでしこ着物っ子倶楽部

着物買取でもお手入れ、アフターケアー、メンテナンス、長持ちさせるクリーニング店。

着物を着付けるだけが、着物好きとは言えません。 着物をいかに、手入れをして長く持たせる事が最も大事では無いでしょうか。 でも、お手入れや長持ちさせるにメンテナンスやアフターケアーをどこでやればいいのか、わかりません。 着物買取でしたら、信頼できる着物専門クリーニング店がありますので、聞いてみてもいいかと思います。

それと、着物を購入したお店にお手入れや長持ちをさせる方法を店員が教えてくれます。 また、お店でも信頼できる着物クリーニング店を持っていますので、購入したお店に 着物を持って出した方が良いかと思います。

着物買取は、業者向けのクリーニング店に出すと思います。 そこで、着物をクリーニング店に出しますが、長きに渡り箪笥に入っていた為、かび、シミなどが多々あります。 それらを、綺麗に落とすわけですが、どこまで綺麗に落として仕立て直しも綺麗に直しているのか、着物買取でもかなり気を付けて見ています。

それと、着物買取によっては、着物専門クリーニング店ではなく、ITを屈指した着物を洗う会社に着物を出しているのか、わかりません。なので、リサイクル着物を買う時は、何処でメンテナンスをしたのかを聞いて下さい。 何故なら、洗浄中にシミ抜きで柄が落ちてしまう時があります。その時に落ちた柄に再生作業しているのか、それとも しみ抜きが強いと柄が落ちるので、柄が落ちる事を避けて洗浄している場合があります。 その時に着物買取は、説明をします。

また、クリーニング店に出す前に、簡単なお手入れがあります。 それは、虫干しをする事によってアフターケアーをします。 自分でも手入れをすることによって、着物が長く持つ事が出来ます。 着物を脱ぎっぱなしのままにしないで、ハンガーにかけて一晩吊るします。その時にハンガーではなく出来れば着物専門ハンガーに掛けましょう。ハンガーに掛けると袖が垂れてしまいます。また、裾を床に着くようにして、裏地が伸びる事を防ぎます。 そのまま一日吊るす事によって、湿気や体温を取りしわを伸ばしてくれます。 ただ、そのまま干した状態にすると、布が伸びてしまいます。

もし、シミや汚れがあった場合は、早目の処置をします。 特に襟と袖口。洋服でも同じ場所に汚れると思います。その時は、すぐに汚れを落としますがやり方は洋服と同じで、襟、袖口の下にタオルを置いて洗剤で軽く叩くようにしてタオル時汚れを移します。乾いたら、陰干しして下さい。 しわの場合は、アイロンを使います。水蒸気を使いますが着物の上にタオルをかけてアイロンを掛けて下さい。 これらの事をしたら乾かして虫干しをします。

一日立ったら着物をたたみますが、この時に着物を入れるたとう紙に包んで収納します。 ウールの着物でしたら、虫除けに防虫剤を使いますが、ウールだけではなく着物は絹着物です。 虫によって食われないようにしましょう。

What's New

Copyright©2013 やまとなでしこ着物っ子倶楽部 All Rights Reserved.