やまとなでしこ着物っ子倶楽部

着物買取、浴衣・綿・麻、washable・長襦袢について

私たち日本人は、昔は着物が普段着でした。 着物は着づらい、扱いにくい、洗えない等、様々な理由から私たちは着物から離れていってしまいました。 ですが不思議なことに、昨今の着物買取事情から垣間見えるのは、買い取り業者に伴った店での様子から、たくさんの着物が出回りはじめたことにより、着物に興味のある方々がさらにリーズナブルな価格で着物を気軽に買い取れるようにもなり、着物を楽しむ傾向がきています。

その結果、再び着物を着られる方々も増えてきている現象も起こっているのです。 老若男女問わず、着物の良さをあらためて気づくリピータも増え、洋装しか知らなかった若者たちにも目を向けられてきています。 七五三やお祭り時だけの着物から、普段着られる着物へと興味を持ち始めた若者たちなどをターゲットに、着物をレンタルできる店も増えてきており、洗濯等のわずらわしさもなく、より一層着物を気軽に楽しまれる形ができているようです。 また、着物を持て余している方々からも、着物買取は喜ばしいと言う声がでてきています。

ですが着物買取についての双方の要望など、知らなくてはいけないこともあるようです。 まず、着物買取でのマナーは、着物がきちんとした状態であること。

その中でも、着物買取業者の方々からいわれる一番大切なことは、清潔感が感じられるものであるのが基本です。 そのため、元の状態に戻せないほど汚いものや、ボロボロになってしまっているものは、当然買取は難しいということなのだそうです。 着物の取り扱いについては、着物に使用されている生地などを専門家に聞いて、普段からお手入れをきちんとできると良いと思われます。 ですが、この普段から手入れをきちんとしなければいけないということが、着物離れの原因でしたね。 昔の人は本当に偉いと思わされます。

しかしその中でも、扱いやすい浴衣・綿・麻素材のものは、家でジャブジャブ洗えるものが多く、手入れも簡単なのでよく知っておくと今後役に立つことでしょう。 また、浴衣・綿・麻素材のものは汗などをよく吸ってくれる働きと、通気性が良いことから、昔はよく寝間着などにも使われていました。

湿度が高い梅雨時や、暑い夏場など、着心地が良く肌触りが良い浴衣・綿・麻素材は覚えておくといいのではないでしょうか。 washable・長襦袢も現代的な取り扱い方法として私たちにはわかりやすく表示されたものです。 ジャブジャブ洗えるというのは嬉しいかぎりですよね。

この長襦袢も綿素材が基本なので、着心地良く、肌にも良いのではないでしょうか。 昔、私たちの生活の一部としてきた着物は、今後様々な進化を遂げてさらに良いものにとなっていくことを願っております。

Copyright©2013 やまとなでしこ着物っ子倶楽部 All Rights Reserved.